National Diet Library Workshop

Below is a description of the 19 August, 2015, workshop (in English and Japanese), presented by Angela Davenport, of Tokyo Women's Christian University for staff members of the National Diet Library in Tokyo.

This workshop is exceptional in that it will be closed to the public, but will have important ramifications for our future initiatives that will be open to the pubic.
-----------------------------------------------------------------------
 “Early English Books Online” at the National Diet Library

 国会図書館における「Early English Books Online」の講演 (データベースの概要及び活用法に関する講演について) 

Wednesday, 19th August 2015,10:00-12:00
2015年8月19日(水)10時~12時

Presenter: Angela Kikue Davenport (Lecturer, Tokyo Women’s Christian University; Founding Member and Organization Committee Member, Early Modern Digital Humanities: Japan) 

講師: ダヴェンポート・アンジェラ・キクエ (東京女子大学講師/Early Modern Digital Humanities: Japan 組織委員)

Place/場所: National Diet Library, Tokyo (Main Building, New Building, 3rd Floor, Main Hall)
(The lecture will be broadcasted live to Lecutre Room No. 1, Kansai-kan, Osaka)

 国会図書館東京本館新館3階大会議室
(関西館第1研修室 [TV会議システムによる中継を行う])


The purpose of the lecture is to introduce the basic mechanics of EEBO and EEBO-
TCP to the NTL librarians and staff. Angela will show the depth of the database and provide necessary information. The lecture will also introduce the pros and cons of the use of the database. The careful use of the results will be advised but the lecture will stress the great importance of the use of the database in the Renaissance studies.

 国会図書館内の電子情報提供サービス(KSS)で提供しているEarly English Books Onlineの利用方法・意義を図書館の関係者に教授することで、館内利用者に有効利用してもらうことを目的とする。講師がオーガナイザーを務める研究チームEarly Modern Digital Humanities: Japanでは、シェイクスピアを始めとする初期近代英国文学・文化研究におけるデジタル・ツールの利用の意義をはじめ、既存のデジタル・ツールなどを基に研究者や学生がどのような研究プロジェクトを立てていくことが可能かを追求、紹介している。欧米では、研究者自らが図書館員やITのエンジニア達と協力してオンラインデータベースを製作することが研究プロジェクトとして積極的に行われている中、日本ではこの点において大きな遅れをとっている。これは一つにデジタル・ツールが高額であることが挙げられるが、初期近代英国文学・文化研究において最も重要なデジタル・ツールであるEEBOは国会図書館が提供している。国会図書館において講演をし、意義および有効活用法を解説、図書館員に理解していただくことで、将来的に利用者(特に研究者や学生)に積極的に利用してもらうことを目的とする。

Language/言語: Japanese/日本語

Attendees / 参加対象 NTL librarians and others 国会図書館職員、関係者 5.How to apply / 申込方法 国会図書館サービス企画課総括係(risaso [at] ndl [dot] go [dot] jp)へ直接申し込むこと。参加者は1人1台端末を使用する。基本的には国会図書館職員用の講演ではあるが、図書館員以外の方で参加希望の場合には、EMDHJ [at] gmail.comへ。

If you are an NTL librarian, please email to riaso [at] ndl [dot] go [dot] jp. This is a closed lecture but if you are interested in attending, please email to EMDHJapan [at] gmail.com.

What’s EEBO? / Early English Books Online(EEBO)」とは? From the first book printed in English by William Caxton, through the age of Spenser and Shakespeare and the tumult of the English Civil War, Early English Books Online (EEBO) will contain over 125,000 titles listed in Pollard and Redgrave's Short-Title Catalogue (1475-1640), Wing's Short-Title Catalogue (1641-1700), the Thomason Tracts (1640-1661), and the Early English Tract Supplement - all in full digital facsimile from the Early English Books microfilm collection.

初期英語書籍集成。15~17世紀の各種分野の英語書籍。1475-1700年に出版された英語書籍の目録に収録されているタイトルの書誌情報及び本文のページイメージ、テキストをオンラインで提供している。

  Print Friendly Version of this pagePrint Get a PDF version of this webpagePDF